最近風邪をひきやすい、病気をしやすいと感じている方は、免疫機能が低下しているかもしれません。
免疫機能を向上させるためには何が必要なのかというと、腸内環境を改善する事が必要となります。
免疫と腸に関係が?と疑問に思う方もいると思いますが、腸は免疫細胞の6割を担っている重要な免疫器官です。

腸は食べ物の栄養素を吸収する器官です
でも食べ物ばかりではなく食べ物と共に病原菌なども侵入してきます。
その病原体が侵入しないように食い止める、また排除するのも腸の大きな役割なのです。
腸内には免疫細胞の実に6割が存在しています。
この免疫細胞を活性化させる働きを持っているのが乳酸菌です。

ただこれまで知られていた乳酸菌による働きは、NK細胞などの一部の免疫細胞を活性化させるだけでした。
しかしプラズマ乳酸菌(ラクトコッカス・ラクティス JCM5805株)という菌は、pDC「プラズマサイトノイド樹状細胞」というウイルスと闘う重要な役割をする免疫細胞を活性化することが判明しました。
この種類はサプリメントhttp://www.futabakai.jp/suibunnhokyuu.htmlから摂ることができます。

またウイルスへの抵抗性を強めるためには、インターフェロンαという物質を強くする必要がありましたが、プラズマ乳酸菌は、インターフェロンαの産生を増強するということが明らかになったのです。
体の免疫細胞を乳酸菌によって強化することで、風邪などのウイルスの侵入を防御し、また侵入したウイルスを強固に退治できる体に改善していくことができます。
冬になると毎年流行るインフルエンザやノロウィルスにかからないためにも、普段から積極的に乳酸菌を摂り入れる習慣をつけておきましょう。
理想は食事から摂ることですが、忙しい人におすすめの乳酸菌の摂取方法はサプリメントを利用して摂ることです。
ごはんも外食ばかりで忙しい人にこそ乳酸菌を摂ってもらいたいです。