腸内環境を整え免疫機能を向上させ、病気に強い体にしてくれる、またアレルギー疾患の症状を改善する等、乳酸菌の健康効果が再注目されています。
乳酸菌のアレルギーやアトピー改善効果についてはこちらで詳しく解説されていますので、併せてご覧ください。

ヨーグルト・チーズ・漬物など、私たちの身近な食材に含まれている乳酸菌ですが、この菌に関しても過剰摂取となる事があるのでしょうか。

腸内には乳酸菌を含むたくさんの善玉菌が在住しています。
これら善玉菌が腸内フローラという塊を形成し、常に腸内が正常な状態でいられるように働いています。
食品などから摂取した乳酸菌は常在菌である善玉菌のエサになったり、その働きを向上させる等、サポートを行っています。
ただ、この菌は酸に弱いという特徴を持っていますので、動物性乳酸菌http://www.skybluenetwork.jp/dou.htmlの場合、ほとんどが死滅し腸内に生きたままたどりつくことができません。
でも死滅した乳酸菌は善玉菌のエサとなるので利用価値があるのです。

腸内はもともと悪玉菌の方が優勢になりやすく、常に新しい乳酸菌が到達する必要があります。
植物性の場合、消化液、酸にも強く腸内まで生きたまま到達できるため、善玉菌の強力なサポートとなりますが、もし仮に過剰摂取といわれるほどの大量摂取をしたとしても、常在菌とは違い、食品から摂取した乳酸菌は、腸内に定着することはなく、利用されないものについては体外に排出されるので、過剰摂取となる事はないのです。

気を付けておきたいことは、大量に摂取してしまうと口腔内に残り、虫歯になりやすくなったり、毎日の大量摂取によってカロリーオーバーとなってしまったり、コレステロールが増大する事もあります。
肝心なことは、毎日質の高い乳酸菌を継続的に摂取するという事です。
適量を毎日摂り続けると、健康的にダイエットができるようです。
この乳酸菌を用いたダイエット法についてはこちらのサイトでも詳しく解説されていますのでご覧ください。